調査・診断 新システム

安全で効率的、かつ、お住いの皆様の負担が少しでも軽くなる工事を目指し、新しい技術の導入にも積極的に取り組んでいます。特に調査・診断は、施工を進める上で正確さと性能が特に重要視されるポイントです。ここでは、テクノ建設サービスが導入している最新システムをご紹介します。

ひび割れ計測システムKUMONOS

大規模修繕工事では、まず、建物の状態を把握するために調査・診断を行います。ですが、ひび割れ等の調査には、多くのコストと時間が掛かります。ひび割れ計測システムKUMONOS(クモノス)は、離れた場所からでもひび割れの幅・位置・長さを高精度で計測できる画期的なシステムです。高所など調査が困難だった場所でも、測定者の安全を確保し、かつ3次元データに計測データを取り込むことが可能です。また、高所作業車や足場など調査に必要だった仮設が不要になるため、大幅なコスト削減が可能になります。

3Dレーザースキャナ

3Dレーザースキャナは、計測対象となる地形や構造物に触れることなく3次元データを取得できる計測機器です。古い建物で図面の入手が困難だったり、改築・増築を重ね当初の図面とは異なってしまった建物などは着工前の調査・診断に多大な時間を要します。また、着工してから修繕箇所を発見したりと、正確性に欠け工事が中断してしまう恐れもあります。しかし、この3Dレーザースキャナは、1秒間に数千〜数十万発ものレーザーを発射することで、高速・高精度に建物の現状を把握することができます。その3次元データをBIM(Building Information Modelingの略)に取り込むことで、着工前のシミュレーションをすることも可能です。