昇降移動式足場

建物全体を囲む足場やメッシュシートによる風通しの悪さ、日照阻害、強風による作業の遅れなど、従来の工事では多くの問題を抱えています。それらを解決するため、テクノ建設サービスでは、主に高層のビル・マンションの工事に際し、昇降移動式足場を導入するケースもあります。そこで暮らし働く皆さまに安心・安全をお約束し、工事中、少しでも快適な環境でお過ごしいただけるよう、配慮した工事に取り組んでいます。

昇降式移動式足場とは

設置した1本または2本のマスト(レール)に沿って、機械装置で作業床を上下に移動できる足場です。自由に最適な高さで作業ができます。

  • 基礎部分

  • フレーム組み立て

昇降移動式足場のメリット

  • 普段と変わらない住環境

    建物全体を足場やメッシュシートで囲むことはないので、眺望や風通し、日照の妨げはありません。作業階以外は、洗濯干しや空気の入れ替えも普段と変わらず自由に行えます。
    また、作業する場所に足場は移動するので、常に作業者の姿を気にする必要もなくプライバシーも守られます。

  • 駐車場やテナントスペースへの
    影響を軽減

    従来は出入口のスペースを最低限しか確保できませんでしたが、昇降移動式足場はマストさえ設置できれば作業する場所しかスペースを使用しないため、居住者が使用する駐車場や営業中のテナントへの影響はほとんどありません。

  • セキュリティの向上

    1階から足場を組んで作業する従来の工法とは異なり、夜間など工事時間外は足場を地上部から離しておくことができるため、外部からの侵入を防ぐなどセキュリティは大幅に向上します。

  • 強風による作業遅れを軽減

    従来の足場では法令により「強風時は中止」とされていますが、昇降移動式足場は平均風速15.5m/秒まで使用が可能となっており、強風による作業の遅れが少なくなります。

  • 安全な作業

    マスト以外は全て低層で組立て・解体が可能です。また、自由に上下移動できるため無理なく最適な姿勢がとれます。危険な場所や作業性が低下するような行動をさせない安全な状態で作業が行えます。

  • 効率的な作業工程

    資材の部数が少なくなるため、運搬・組立て・解体・移設の時間を大幅に短縮することができ、作業工程全体の時間も短縮できます。